トレーナー資格に30万円投資をして分かったこと【資格は大事】

資格

こんにちは!

茨城県取手市、守谷市でパーソナルトレーナーとして活動中の

染谷敏紀(@somtos14)です!

 

私は現在、トレーナーの資格を3つ保有しています。

 

●NSCA-CPT 45,200円

●NASM-PES 132,000円

●R-conditioning-coach 143,000円

 

計320,200円です。

テキスト代や会員費をプラスすると、もうちょっと費用は増えます。

今回はトレーナー資格に30万以上投資した私が考える資格取得のメリットを書いていきます!

今トレーナーをしている、これからトレーナーになろうと考えている人は参考にしてみて下さい!

 

本記事で得られること

●トレーナー資格を取得するメリット

●トレーナー資格を取得した後にしなければいけないこと

 

トレーナー資格を取得するメリット7つ

 

パーソナルトレーナーとして基礎知識が身につく

 

NSCA-CPTの試験範囲は広いため、NSCA-CPTを勉強するだけでパーソナルトレーナーとしての基礎知識が身につきます。

NSCA-CPTはパーソナルトレーナーの資格として、かなり網羅性が高いです。

現段階でパーソナルトレーナーとして知識不足だと思う人はNSCA-CPTを取りましょう。

 

NSCA-CPTについてはこちらの記事をお読みください。

NSCAパーソナルトレーナーの資格を簡単に取得する方法

NSCAパーソナルトレーナーの資格を簡単に取得する方法

2019年10月20日

 

自分が何を勉強したいかが見つかる

 

基礎知識が身につくことで専門的な勉強がインプットしやすくなります。

私はNSCA-CPTの資格を取ってから、機能改善を行なうファンクショナルトレーニングに興味を持つようになりました。

そこでNASM-PESを勉強しようと考えました。

パーソナルトレーナーと言っても種類はたくさんあります。

何を勉強したらいいのかわからないのであれば、全体を広く学び、興味があるものを深堀すれば良いと思います!

自分がどんなトレーナーになりたいかわからない人はまず資格を取ってみるべきです!

 

投資をしているのでインプットされやすい

 

私の経験上、投資をした方が知識が身になります。

投資した結果、試験に合格して、知識を得ることができています。

ネットで検索して自分で無料で勉強する方法でもいいじゃないかと考える人もいると思います。

 

染谷敏紀

もちろん、できる人はそれでOKです。

 

私は投資をして期限を作らないと集中してインプットができません。

もし私と同じタイプの人がいたら、資格を取るかどうか悩む前に申し込んでしまいましょう。

申し込んでしまえばやるしかないです!

 

クライアントの信頼を得ることができる

 

パーソナルトレーナーの資格はクライアントの信頼に繋がります。

大手パーソナルジムでトレーナーをしていた時は資格は持っているのかとよく聞かれました。

もし持っていないと伝えたらクライアントは不安になるでしょう。

クライアントの不安を1ミリでも減らしたのであれば、自分では必要ないと思っていても取得しておきましょう。

 

フリーランスになった時、ジムとの契約ができる

 

資格を所有していないと、フリーランスになってからジムと契約してもらうことが難しいです。

ジムに業務委託の契約をしたいと伝えると100%聞かれるのが

『資格は何をお持ちですか?』

『トレーナーとしての経歴を教えて下さい』

です。

自分のジムを作るのであれば大丈夫ですが、今後フリーランスになることを考えている人は資格を取っておきましょう。

 

団体の賠償保険に加入できる

 

NSCA-CPTに限ったことですが、NSCA-CPTを取得するとNSCAの賠償保険に加入することができます。

フリーランス、もしくは独立した場合、何か事故があっても誰も守ってくれません。

資格を取得していれば賠償保険にお手頃な値段で加入することができます。

 

自分のトレーニングに活かすことができる

 

資格取得で得た知識は自分のトレーニングに活かすことができます。

理論がわかるので、どうやれば筋肉に効率良く効かせることができるのかわかります。

筋トレをしていると苦手部位が出てきます。

知識がつくと何故苦手なのかが、論理的にわかるので改善する方法を考えることができます。

これはクライアントのパーソナルトレーニングにも活かすことができます!

 

まとめ

 

結論ですが、メリットを考えると今後フリーランス、もしくは独立を考えている人は1つ資格を取得すべきです。

資格取得のデメリットはコストだけです。

将来もパーソナルトレーナーとして働いてくのであれば、資格取得にかかったコストも回収できます。

私は会社員のうちに資格を取っていたので、フリーランスになってから困りませんでした。

 

染谷敏紀

パーソナルトレーナーをしていて資格取得に悩んでいる人は今日から勉強スタートです!

 

トレーナー資格を取得した後にしなければいけないこと

 

アウトプットです。

資格だけあってもパーソナルトレーニングの時に知識を発揮できなければ意味がありません。

得た知識はすぐに実践に取り入れていきましょう。

 

知識を得て、実践で活用し、クライアントの身体を変えることがゴールです。

 

インプットして終わりにならないようにして下さい!

アウトプットの方法ですが、セッション時にアウトプットするのはもちろんですが、SNS等のオンラインに発信していくことをおすすめします。

特定の誰かひとりに対して説明するようにSNSで発信していると、パーソナルトレーニングの実践で知識を発揮するときに、スムーズに説明ができます。

 

SNSで発信することはアウトプットの練習になりますし、SNSは多くの人が利用しているため、多くの人の身体を変えることができます。

 

染谷敏紀

是非、資格を取ったらその知識を存分にアウトプットして下さい!

 

結果的に私は資格に30万以上投資しましたが、全く後悔していません。

そして今後も、もっと投資していく予定です。

パーソナルトレーナーである以上はずっと学んでいく必要があると考えています。

いっしょに勉強頑張りましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

気になることがあったらお気軽にお問い合わせください<(_ _)>

筋トレ・ダイエットについてまとめ記事

ダイエット初心者必読
ダイエットのプロが指導している方法をまとめています。
ローファット(低脂質)ダイエットのやり方を解説

ローファット(低脂質)ダイエットのやり方を解説

2020年4月15日