体脂肪率を5ヶ月間で20%→5%まで15%落としたダイエット術【継続は力なり】

染谷敏紀コンテスト写真 パーソナルトレーナー

こんにちは。

パーソナルトレーニングジムREGUTS代表の染谷敏紀(@somtos14)です!

 

2019年の9月にコンテストに出場した時のダイエットを記録したものです。

興味のある方は、是非お付き合い下さい!

2019年4月1日~9月8日の約5ヶ月間のダイエットでした。

 

方法は皆さんにおすすめしているダイエットと変わりません。

私はこの5ヶ月間で体重-15㎏、体脂肪率-15%を達成しました。

 

ビフォーアフターはこんな感じです!

 

ビフォー 体重75㎏ 体脂肪率20%

 

アフター 体重60㎏ 体脂肪率5%

 

大会の結果も入賞することができました。

 

体脂肪を減らす食事内容とトレーニング内容

1ヶ月目

 

摂取カロリーは2400kcalです。

トレーニングは筋トレのみで有酸素はしていません。

週末は好きなものを食べていました。

ダイエットが本格化する前の慣らし期間といった感じです。

いつもよりも平日はカロリーを減らしているので、体重も少し減ります!

筋肉があれば基礎代謝が高くなりますし、筋トレでの消費カロリーもアップするため痩せやすくなります。

 

体重の変化は

4/1・・・75.0㎏

   ↓

5/1・・・71.7㎏

2ヶ月目

 

摂取カロリーは2000~2200kcalです。

トレーニングも変わらず、筋トレのみです。

体脂肪を絞り切るためのポイントは、少しずつ摂取カロリーを落としていくことです。

段階的に減らしていけば精神的にもつらい期間が短くなります。

ここもまだ準備期間といった感じです。

 

体重の変化は

5/1・・・71.7㎏

   ↓

6/1・・・69.7㎏

3ヶ月目

 

摂取カロリーは1500~1800kcalです。

ここからダイエット本格化です!

トレーニング内容は、筋トレ+トレ後の有酸素運動です。

筋トレ後に軽めの有酸素運動を長時間行なうと筋肉を減らさずに体脂肪を落とすことができます。

最初の2ヶ月間で思ったよりも体脂肪を落とすことができず、この1ヶ月間はチートデイを作ることなく必死で乗り越えました。

 

体重の変化は

6/1・・・69.7㎏

   ↓

7/1・・・66.7㎏

4ヶ月目

 

摂取カロリーは変わらず1500~1800kcalです。

ですが週に1回、チートデイを作りました。

チートデイと言っても好きなものを食べるわけではなく糖質をたくさん摂るようにする感じです。

チートデイをすることによって精神的にも頑張れるようになりますし、身体も代謝が良くなるので痩せやすくなります!

トレーニング内容は、筋トレ+トレ後の有酸素運動+朝一で有酸素運動です。

朝一で食事を取らずに、アミノ酸のみ摂取して軽く有酸素運動をすると体脂肪を落としやすいです。

 

体重の変化は

7/1・・・66.7㎏

   ↓

8/1・・・62.7㎏

5ヶ月目

 

4ヶ月目と全く同じ方法でした。

期間中に旅行があって、そこでは好きなものを食べました。

しっかり目標が決まっていて計画通りに体脂肪が減っていれば、特別な時は食べても問題ないです。

これは皆さんのダイエットにも同じことが言えますね!

 

体重の変化は

8/1・・・62.7㎏

   ↓

9/1・・・60.0㎏

今回のダイエットの反省点

 

途中で焦ってカロリーを減らし過ぎてしまいました。

 

理論では落とさないほうが良いとわかっていても、実際にダイエットをしていると体重が落ちないことが嫌で減らしてしまいます。

 

2020年はカロリーをもっと取ってスムーズに楽にダイエットしていきます!

 

自分自身がダイエットをすることはお客様の気持ちを知ることができる良い機会なので、2020年もコンテストに出て優勝できるように頑張ります!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

パーソナルトレーニングジムREGUTS(取手・守谷)はダイエット・ボディメイクのプロフェッショナルが、あなたに合った正しい栄養管理とトレーニングを指導する完全個室のパーソナルトレーニングジムです。

ダイエットにお悩みの方はお気軽に無料カウンセリングへお問い合わせ下さい。

パーソナルトレーニングジムREGUTS(取手・守谷)のトップページはこちら!

筋トレ・ダイエットについてまとめ記事

ダイエット初心者必読
ダイエットのプロが指導している方法をまとめています。
ローファット(低脂質)ダイエットのやり方を解説

ローファット(低脂質)ダイエットのやり方を解説

2020年4月15日