IROTEC(アイロテック)のダンベル60㎏の購入レビュー

パーソナルトレーナー

こんにちは!

茨城県取手市、守谷市でパーソナルトレーナーとして活動中の

染谷敏紀(@somtos14)です!

筋トレ・ダイエット初心者が理想の身体になるためのパーソナルトレーニングを提供しています。

筋トレ男子

IROTEC(アイロテック)のダンベル60㎏セット購入を検討中。

購入した人のリアルな意見を知りたいです。

 

今回はそんなお悩みに答えていきます。

私は筋トレ歴4年のパーソナルトレーナーですの、色々なメーカーのダンベルを使っています。

私の経験をもとに使用感をレビューしていくので是非参考にして下さい!

 

アイロテックのダンベル60㎏は超おすすめ【レビュー】

 

結論、アイロテックのダンベル60㎏にとても満足しています!

 

アイロテックのダンベルの商品詳細

 

ダンベルシャフト2.5kg×2本、1.25kgプレート×4枚、2.5kgプレート×4枚、5kgプレート×8枚。

合計60KGとなります(シャフト重量含)。

プレートの穴径は28mmです。

他のダンベルでも同じ径のものであれば使いまわし可能です。

 

ダンベルの配送は段ボール3つになっていて、5㎏プレート×4枚が入っている段ボールが2つ、その他プレート、シャフトで段ボールが1つに分かれています。

 

注意

5㎏プレート×4枚の段ボールがサイズが小さいのにめちゃくちゃ重いので、持ち運ぶ時は腰を痛める危険性があります!

気を付けてください<(_ _)>

 

アイロテックのダンベルで筋トレした感想

 

伝えたい点は4つです。

 

●不自由なく片手30㎏でダンベルプレスができる

●プレートが細かく調整できるため全身のトレーニングに使用可能

●オンザニーをすると痛い

●重量が重くなるとシャフトの径がやや細いので手のひらが痛くなる

 

不自由なく片手30㎏でダンベルプレスができる

アイロテックのダンベルは他社の30㎏以上の可変式ダンベルに比べてかなり安いです。

そのため不自由なく使えるのかが不安でしたが、問題なく片手30㎏でトレーニングするができました。

染谷敏紀

プレートの脱着はシンプルな作りになっているので重量の変更も簡単です!

インターバル中に重要を変えれば、滞りなく筋トレができます。

 

プレートが細かく調整できるため全身のトレーニングに使用可能

2.5㎏~30㎏まで2.5㎏刻みで重量を変えることができるので、全身のトレーニングに活用ができます。

60㎏のダンベルとは言え、軽い重量にも対応しているので使い勝手が良いです。

このダンベルがあれば他にダンベルは不要です!

 

オンザニーをすると痛い

オンザニーとはダンベルを太ももに乗せて、太ももを挙げる勢いを使ってダンベルをスタートポジションにもってくるテクニックのことです。

使用重量が20㎏あたりを超えてくると必要になってきます。

アイロテックのダンベルはシャフトが飛び出ているため、太ももにダンベルが置きにくいです。

低価格なため仕方ないですが、購入される人は頭に入れておいてください!

 

ただオンザニーができないわけではないです。

シャフトは太ももに乗らないようにプレートのふちを太もも乗せればオンザニーは可能です!

 

重量が重くなるとシャフトの径がやや細いので手のひらが痛くなる

ダンベルの重量が30㎏になると、持っている手のひらが痛くなる可能性があります。

理由はシャフト径が細いからです。

ジムのダンベルは重量が重くなるとシャフトが太くなります。

シャフト径が細いことで負荷がかかるポイントが狭くなり、支えている手のひらが痛むことがあります。

 

痛くなるといってもケガをしたような痛みではなく、指圧されているような感じですので気にならない人もいるかと思います。

ただジムのダンベルとは少し異なるので参考にしてみて下さい。

 

購入できるならラバー付きを推奨

 

プレートは重く、鉄むき出しのハードな感じになっています。

もしダンベルを床に落としてしまったら床の修理でダンベルの何倍もお金がかかってしまいます。

ラバー付きであればそのリスクを軽減できるのでラバー付きを推奨します。

 

私はラバー付きではない方を購入しているので、ダンベルを置くであろうマット・バスタオルを敷いています。

ラバー付きは値段が2,970円高くなるので参考にして下さい。

 

アイロテックのダンベルのメリット・デメリット【他社と比較】

 

アイロテックのダンベルの最大のメリットは価格の安さです。

メーカー タイプ 重さ 価格
アイロテック プレート式 30㎏×2セット 15,290円
ボディメーカー プレート式 30㎏×2セット 23,800円
RANKER ダイアル式 24㎏×2セット 23,380円

 

他社メーカーと比較するとわかる通り、ダントツで安いです。

使用感も良いので、コスパ最強のダンベルと言えます!

 

デメリットは重量を変える時のプレートの変更に手間がかかることです。

これはアイロテックのダンベルのデメリットというよりか、プレート式のダンベルのデメリットと言えます。

ダイアル式やブロックダンベルはワンタッチで重量を変えることができるので、それに比べるとプレート式はやや手間かなと言った感じです。

 

アイロテックのダンベルは40㎏と60㎏どっちがいい?

 

60㎏がおすすめです。

本気で筋肉を追い込むのであれば、負荷をどんどん高めていくことになります。

筋肉をつけるために購入するのであれば負荷を高めることができる60㎏が良いです。

 

40㎏のダンベルで筋肉を成長させるのであれば、重量以外の負荷を高めるテクニックが必要になります。

効かせるように筋肉をコントロールするということです。

トレーニング熟練者であればできるかもしれないですが、トレーニング初心者では難しいです。

トレーニング初心者こそ60㎏のダンベルで負荷を高めてトレーニングをすることをおすすめします。

 

ダンベル60㎏が扱えるようになると細マッチョになれる

 

これは身長174㎝体重68㎏の私です。

ダンベルベンチプレスはいつも30㎏で10回くらいを目安に行なっています。

アイロテックのダンベル60㎏で筋トレをすればこの身体になれます。

トレーニングの方法、メニューは下記の記事をご覧ください!

全部位のトレーニング方法やコツをまとめています。

効果の高いダンベル筋トレまとめ【初心者はダンベルを握れ!】

2020年3月22日

 

筋トレをしたいけどジムに行くと人の目線が気になる。

なるべくお金をかけずに自宅で本格的に筋肉をつけたいという人はアイロテックのダンベルはベストです。

ジムの月謝2ヶ月分で一生筋トレができるので試す価値ありです。

ダンベルトレーニングで筋肉をつけましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

パーソナルトレーニングジムREGUTS(取手・守谷)はダイエット・ボディメイクのプロフェッショナルが、あなたに合った正しい栄養管理とトレーニングを指導する完全個室のパーソナルトレーニングジムです。

ダイエットにお悩みの方はお気軽に無料カウンセリングへお問い合わせ下さい。

パーソナルトレーニングジムREGUTS(取手・守谷)のトップページはこちら!