ダイエットのやり方がわからない人へ【まずはこれだけやってみて!】

ダイエット

こんにちは!

茨城県取手市、守谷市でパーソナルトレーナーとして活動中の

染谷敏紀(@somtos14)です!

筋トレ・ダイエット初心者が理想の身体になるためのパーソナルトレーニングを提供しています。

 

今ってダイエットに関する情報って無限にありますよね。

情報を受け取る側にも知識が多少ないと、情報を選ぶ事が難しい時代になっているなと感じています。

 

そこで結局ダイエットは何をやればいいんだという方、

そしてできる限り楽して結果を出したい!

 

という方に向けて、ダイエットをするにあたって本当に必要な方法を伝えていきます!

これは数百名のボディメイクに携わってきた私がお客様に最初にしているアドバイスです。

 

ダイエットのやり方【わからない人へ】

19時以降は何も食べないように

 

19時以降を食べないようにできる方は結果を出しやすいです。

理由は夜遅くなるにつれてBMAL-1というホルモンが出て脂肪を合成しやすくなるからです。

また夜は活動量も低いので食べた物がエネルギーとなりにくくなります。

それなら脂肪が作られにくい時間に食事を取るようにしましょう。

 

食事のボリュームは朝3:昼5:夜2

 

朝食を制するものはダイエットを制します。

夕食の量を控えて、朝食の量を増やすことができる方は痩せやすいです。

理由は活動量にあります。

 

夜は寝るだけで活動量がかなり低くなります。

そのため夕食の量が多くなると不要なエネルギーを取っている状態となり、脂肪が合成されます。

 

反対に、朝食に食べた物は午前中のエネルギーとして使われます。

そのため朝食はたくさん食べてもエネルギーとして使われるため脂肪になりにくいです。

これを守れれば、そこまで食事制限をしなくても痩せることができます。

 

タンパク質を毎食摂る

 

タンパク質は筋肉になり、脂肪にもなりにくく、空腹を防ぐためダイエットには必須だと言えます。

残念ながら日本人のほとんどの人はタンパク質不足です。

タンパク質が少なく、糖質、脂質が多い食事を摂っているから脂肪がつきやすくなります。

タンパク質を毎食摂ることで、食事のバランスが

タンパク質少、糖質多、脂質多

  ↓     ↓   ↓

タンパク質多、糖質中、脂質中

に変わります。

 

痩せやすい食事の出来上がりですね! 

またタンパク質は食事誘発性熱産生が高く

食べているだけでエネルギーを消費するためそういった面でも痩せやすくなります。

 

この3点を守るだけでも、身体に変化が起こるはずです。

もちろん運動をすれば、もっと効率良く痩せることもできますが、

まずはできることからやってみてください!

ダイエットは積み重ねです!

いっしょに頑張りましょう。 

 

パーソナルトレーニングジムREGUTS(取手・守谷)はダイエット・ボディメイクのプロフェッショナルが、あなたに合った正しい栄養管理とトレーニングを指導する完全個室のパーソナルトレーニングジムです。

ダイエットにお悩みの方はお気軽に無料カウンセリングへお問い合わせ下さい。

パーソナルトレーニングジムREGUTS(取手・守谷)のトップページはこちら!

筋トレ・ダイエットについてまとめ記事

ダイエット初心者必読
ダイエットのプロが指導している方法をまとめています。
ローファット(低脂質)ダイエットのやり方を解説

ローファット(低脂質)ダイエットのやり方を解説

2020年4月15日